事件

羽山和宏・有布子の顔画像特定!動機は借金苦で無理心中だった!長女は?3歳児殺害!千葉県館山市

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題は館山で起きた3歳の女の子が亡くなる事件についてになります。

朝の報道では両親の名前は出ていませんでしたが、ここで公表されました。

動機は借金で生活苦だったようですが、ここで1つ疑問があります。

それは報道では次女の3歳の女の子だった事です。

次女ってことは長女はいると思われますが今回の報道では全く触れられていませんでした。

今回は羽山和宏・有布子はどのような人物だったのか?長女について調べていきますので最後までお付き合いください。

事件について

事件については読売新聞オンラインで報道されました。

報道内容は以下の通りになります。

3歳の次女の首を絞めて殺害したとして、千葉県警は1日、同県君津市、父親で警備員の羽山和宏(51)と母親の有布子(40)の両容疑者を殺人容疑で逮捕した。

発表によると、2人は共謀して1日午前1時~1時半頃、同県館山市の民家で、次女の有依ちゃんの首を両手で絞めて殺害した疑い。2人は調べに「借金で生活が困難になり、無理心中をしようとした。娘を殺害した後、実行出来なかった」と供述している。民家は和宏容疑者の実家で、普段は空き家だった。

同日午前3時頃、館山市内の公衆電話から、和宏容疑者が「娘の首を絞めて殺してしまった」と館山署に通報。民家に駆けつけた署員が、和室であおむけに倒れている有依ちゃんを発見した。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

動画もありましたので貼っておきます。

借金苦で大変だった事はわかりますが、娘の首を絞めるのは信じられません。

だったら、誰かに育ててもらい自分たちは必死に借金を返す決断は出来なかったのかと思ってしまいます。

また次女ですので、長女は無事なんでしょうか?

まだまだ気になる部分が多いニュースだと思いました。

 

羽山和宏・有布子の顔画像は?

気になる顔写真ですが、現時点ではどのメディアでも公表されていませんでした。

羽山和宏容疑者のFacebookアカウントですが、同姓同名のアカウントはありましたが本人を特定する決め手はありませんでした。

羽山有布子容疑者のFacebookも同制度名のアカウントはありましたが、こちらも本人を特定する決め手はありませんでした。

SNSでの拡散もまだされておらず現時点ではネット上には顔写真の情報は出ていません。

今後明らかになりましたら、追記していきます。

追記顔画像が報道されました。

出典 ヤフーニュース

 

羽山和宏・有布子のプロフィールについて!

現時点で分かっている事をまとめました。

羽山和宏のプロフィール

年齢 51歳

住所 千葉県君津市

職業 警備員

羽山有布子のプロフィール

年齢 40歳

住所 千葉県君津市

職業 不明 追記 無職

このようになります。

父親は働いていた事がわかりますが、母親は働きに出ていたのかわかっていません。

もし専業主婦であればパートに出れば借金の問題は解決できたのではないでしょうか?

夫婦で作った借金だと思いますので、債務整理や自己破産の手続きで生活の安定化をはかれたと思います。

追記

母親は無職だった事がわかりました。

だったら尚更やれることはたくさんあったと思います。

動機は借金苦で無理心中だった!

動機についても明らかになりました。

報道では借金苦で無理心中をしようとしたが、自分たちは出来なかったとあります。

だったらなぜ娘だけって思ってしまいます。

相当悩んだ事は分かりますが、誰かに助けてもらうなど出来なかったのでしょうか?

娘はまだ3歳です。

これからの人生を奪った事に対する罪は重いと思います。

長女はどこにいるのか??

この事件でまだ明らかになっていない事は長女の存在です。

亡くなったのは次女の3歳の女の子です。

次女っていうぐらいですので、長女がいたと思います。

そこで長女の存在をネットで探しましたがどこにも情報は出ていませんでした。

こちらについても今後明らかになりましたら追記していきます。

ネットの反応について!

ネットではどのように言われているのか調べてみました。

いくつか紹介していきます。

親であっても子供とは人格が別物。
道連れは良くないと思います。
小学生の時に同じ学校の生徒が親子心中して全校生徒集められて説明を受けましたが小学生ながら理不尽さを感じました。
理由はともあれ生まれてきた命を奪ってはいけないと思います。

身勝手な行動ですね。生きていけないのなら、施設に依頼するなり方法はあったと思います。
しかも、いざ自分の番になったら、決心が揺らぐとは、あまりに身勝手です。
1番信頼する両親に殺される子供の気持ちを思うと、この両親を許せないですね

無理心中だったんか…
子どもに罪はない、とはいえ残していくのも忍びないって思ったんかなぁ。

でも、理由はどうあれ子どもに手をかけ、未来を奪ってはいかんよね。

あまりにも身勝手
両親もそれなりに経験を積んだ年齢で
借金を苦に無理心中… 幼い我が子を殺めて自分は死ねなかった?
亡くなった子が可哀想で仕方がない どうか安らかに眠ってほしい

困っている人が、助けを求められる、求めやすい環境作りが課題。介護、育児、生活に困っている時、どこに行けばいいのか知らない人が多いと思う。

このご夫婦が、どうしていたらこんなことにならなかったのか、福祉的な情報が周知されていれば、気軽に相談できる所を知っていれば…。難しい問題です。

親御さんが責められる話ではなく、社会福祉というセーフティネットを知らない層が多くいるという現実が問題です。
借金などによる無理心中は定期的に報道されますが、死ぬ必要などなく自己破産すればよいこと、妻子を守る手段はいくつもあることを覚えておいて欲しい。
こういう方たちを救うために互いが助け合う社会福祉があるのに…

このような意見がありました。

税金が値上がりしたわけですので社会保障を充実されてもらいたいとの意見もありました。

まとめ

今回の事件の詳細がだいぶつかめてきましたが、まだまだ謎の多い事件です。

長女の存在は全く触れられていなかったので元気でいてもらいたいです。

このような事件が起きないようにセーフティーネットを充実させてもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。