事件

加藤規彰の顔画像・Facebookは?目的は何だった?転売との意見も!奈良県大和高田市吉井

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題は女性の下着が欲しいと帰宅女性を襲い下着を奪うといった事件についてになります。

この事件で逮捕されたのは加藤規彰容疑者になります。

明らかにおかしな動機です。

わいせつ目的でもなく、欲しいというのは性癖のようなものなのでしょうか?

自宅には下着が残っていなかった事から転売をしていたのでは?との意見もありました。

今回はこのような事件を起こした加藤規彰容疑者について調べていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要について!

事件については読売新聞オンラインで報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

帰宅中の女性の下着を奪った上、けがを負わせたとして、奈良県警奈良西署などは16日、大和高田市吉井、建設作業員加藤規彰容疑者(26)を強盗傷害の疑いで逮捕した。「女性のはいている下着が欲しかった」と容疑を認めているという。

発表では、加藤容疑者は9月7日午後10時55分頃、奈良市学園大和町の路上で、歩いていた女性会社員(22)の背後から襲って引き倒し、下着を強奪。その際、両膝などに約1日のけがをさせた疑い。

奈良西署によると、現場近くまで車で来ており、付近の防犯カメラの映像などから加藤容疑者を特定した。自宅を捜索したが、女性の下着は見つかっておらず、さらに詳しく調べる。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

今回の事件ではわいせつではなく強盗傷害の罪になるようです。

その場で奪ったって事は無理やり脱がしたってことでしょうか?

女性としては怖い思いをしたと思います。

防犯カメラの映像があって本当に良かったです。

このような事件を起こしているので、他にも余罪がありそうですね。

加藤規彰の顔画像・Facebookは?

気になるこのような事件を起こした加藤規彰容疑者の顔画像ですが、現時点ではどのメディアでも公表していませんでした。

Facebookについては同姓同名のアカウントはありませんでした。

Twitterやインスタも同様になります。

この事から現時点ではネット上には顔写真についての情報はありません。

今後報道やSNSで特定されましたら追記していきます。

目的は何だった?転売との意見も!

今回の事件を起こした目的ですが、明らかになっていません。

考えられる事としては2つあると思います。

1、性癖

2、転売目的

このような事が考えられます。

下着が欲しかった事が動機になりますので、自制心が無い人だった可能性があります。

また転売目的の可能性も考えられます。

お金を稼ぐために起こした犯行の可能性もあるのではないでしょうか?

自宅には下着が無かった事からもしかしたら売ってしまったのかもしれません。

ネットでも

売るためにやったんじゃん!?

売って金儲けの可能性もあると思うけどどうなんだろう・・・。

このようなコメントがありました。

現時点でははっきりした事がわかっていませんので、今後明らかになりましたら追記してきます。

加藤規彰のプロフィールについて!

現段階で分かっている事をまとめました。

名前 加藤規彰

年齢 26歳

住所 奈良県大和高田市吉井

職業 建設作業員

罪名 強盗傷害の疑い

このようになります。

強盗傷害の罪は?

強盗傷害の罪の重さですが、無期または6年以上の懲役刑になるようです。

ただ状況によっては減刑されるケースもあるようで、執行猶予が付く可能性もあるようです。

判例がありましたのでいくつか載せておきます。

通行人から金品を強奪する目的で、通行中の被害者(52歳男性)に対して背後から飛び蹴りをして転倒させる等の暴行を加える。しかし、付近のパトカーの存在に気がついて逃走を図り、未遂に終わった事件です。

被告人は中年男性の不意をついて金品を強奪する、いわゆるおやじ狩りを企てていました。この件に至る経緯・動機に対しては酌む要素がなく、悪質な事件であると判断されています。

しかし、被害者の被害が軽微で、かつ被害者が被告人への実刑判決を望んでおらず、被告人も初犯で非行歴がないことが考慮されて、懲役3年の実刑判決が下されました。

引用 刑事事件弁護士ナビ

このように3年で済むケースもあるようです。

被害者の被害が軽微だった事が決め手のようです。

今回のケースでは女性の精神的なショックがどの程度なのかで判決が決まるかと思われます。

執行猶予が付いたケースもありますので判例を紹介します。

大型小売店でダウンジャケット等の7点を窃盗して逃走。店員(被害者A)と警備員(被害者B)より追跡をされるが、逃れるために暴行を加えた事件です。

万引きによる金銭の被害は高額ではないが、2人に怪我を負わせる行為、特に女性警備員の顔を手加減せずに殴った行為は非常に悪質であると判断されています。

しかし、被害者は1年前に自宅が火事で全焼し不自由な生活を過ごしており、過剰な暴行に及んだ理由も同居する家族に迷惑をかけたくなかったためなどの事情が考慮され、情状酌量で懲役3年執行猶予4年間の判決となりました。

引用 刑事事件弁護士ナビ

このような例もあり容疑者の状況も考慮されるようです。

ネットのコメントは?

ネットではどのように言われているのか調べてみました。

こういう人をただ捕まえて裁判で刑を宣告し、服役してそれで終わりで良いのかな?
根本的な解決になっていないと思うんだけど……

学術的な面でも議論して、そろそろ対処の仕方を変えるべきかと
性癖が変えられないものなら、GPSを持たせるなりして管理すべきではないのかな?
本人が自分の意思で止められないことがある以上、人権上も拘束した方が良いことってあると思うよ

逮捕してくれた事は有難いけど、事件から40日経過していて、もっと早く逮捕出来なかったかな?と思う。
逮捕されるまでの間、現場付近に住んでいる女性の恐怖心は相当あったと思うし、その間に犯行を積み重ねていたかもしれないし。

被害女性の精神的ダメージは相当なものだろう。この女性をはじめから狙っていたなら今後が心配だ。

彼女作って頂くって発想は、こういう人達にはないのかな?(笑)彼女が作れないから…とか言っても世の中には30億もの女性がいるんだから、頑張れば誰かしら作れると思うぞ?そもそも私からしてみたら何の努力もしないで欲しい物を手に入れようとする、その魂胆がまず気に食わない(笑)

凄い奴だな。
その執着心を、いい意味で仕事に生かして欲しい…。

ネット通販で買いなよ。
送る側は中身わかってるけど依頼主の
顔は見えないし
配達員とは顔を合わせるけど
中身はわからないから
堂々と頼めばいい。

このような意見がありました。

まとめ

今回の事件では女性は心に大きな傷を負ったと思います。

なるべく厳しい判決が出る事を求めますが、せいぜい数年が今の法律だと思います。

奪った理由は明らかになってはいませんが、自分を抑える事が出来ないのは確かです。

再犯を考えなるべく厳しい判決が出るといいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。