事件

小林裕真の顔画像・事件の概要は?なぜ死刑にならないのか?懲役30年は短い?大阪府門真一家殺傷事件

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題は大阪府門真市起きた親子4人を殺傷事件の裁判結果についてになります。

事件は2016年10月に起きましたが、今まで裁判が長引いていました。

検察は死刑を求刑していましたが、懲役30年の判決が出た事でネットでは様々な意見が出ています。

今回は30年は長いのか?それとも短いのか?小林裕真容疑者が起こした事件について調べていきますので最後までお付き合いください。

判決が出た報道について!

判決の報道についてはABCテレビで報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

大阪府門真市で親子4人を殺傷した罪などに問われ、1審と2審で懲役30年の判決を言い渡された被告の男について、最高裁は上告を退けました。

小林裕真被告(27)は、2016年10月、門真市の住宅で就寝中だった川上幸伸さん(当時43)を殺害し、子ども3人に重軽傷を負わせた罪などで起訴されました。検察側は死刑を求刑し、1審と2審は「統合失調症の影響で被告の責任能力は限定的だった」として、懲役30年の判決を言い渡しました。弁護側が判決を不服として上告していましたが、最高裁は先月31日に、これを退ける決定をしました。これで、小林被告の懲役30年の判決が確定することになります。

引用 ヤフーニュース

このような報道になります。

このような報道にネットでは批判が多かったです。

あまりにも酷い事件ですので、死刑でもいいのではとの声が非常に多かったです。

 

小林裕真の顔画像は?

気になる顔画像ですが、逮捕時のものがあります。

出典 ヤフーニュース

このような風貌になります。

風貌からかなり悪そうな印象です。

事件の概要について!

2016年に起きた事件の報道は以下の通りになります。

19日午前4時すぎ、大阪・門真市四宮の自営業、川上幸伸さん(43)の住宅に男が侵入し、家族4人を次々に刃物で襲いました。

当時、4人は就寝中だったとみられ、川上さんは胸を刺されて病院で死亡し、19歳の長女と17歳の次女、15歳の長男が、腕などに軽いけがをしました。

引用 NEVARまとめ

 

警察によりますと調べに対し、「自分がやったんだろうが、はっきり覚えていない」と供述しているということです。

逮捕時に「だまされた」などと大声で叫んでいたと言います。しかしその後は黙秘を守り、男は「はっきり覚えていない」と話しているそうです。

小林容疑者は時折、黙り込んだり、意味が分からない話をしていて、警察は動機などを慎重に調べています。

引用 NEVARまとめ

就寝中に襲っていた事がわかっています。

事件後は意味の分からない事を口にしたり黙ったりと統合失調症の疑いがあり責任能力が問われていたようです。

逮捕の決め手は現場からは血のついた日本刀が押収されたり小林容疑者が持っていたリュックサックには包丁となたが入っていてた事が逮捕のきっかけになったようです。

 

なぜ死刑にならないのか?懲役30年は短い?

今回の裁判では懲役30年となっています。

検察側は死刑を求刑していましたが、統合失調症の影響で被告の責任能力は限定的だったとして30年が言い渡されています。

これは認められるが責任能力ありとの事と捉えられます。

統合失調症としては

小林容疑者自身は引きこもり気味だった

家から怒鳴り声が聞こえるなど、精神的に不安定だった様子があった

母親は精神疾患で通院していた

このような事から小林被告もなんかしらの精神的な異常があったとされています。

死刑の定義としては9つの基準から総合的に判断がされるようです。

1、犯罪の性質

2、犯行の動機

3、犯行態様、特に殺害方法の執拗性、残虐性

4、結果の重大性、特に殺害された被害者の数

5、遺族の被害感情

6、社会的影響

7、犯人の年齢

8、前科

9、犯行後の情状

この9つの項目を総合的にみていくようです。

この事から今回は死刑の判決ではなく懲役30年に決まりました。

要素としては先に書いた通り統合失調症の影響を考慮されたように感じてしまいます。

ただ感情論では死刑になってもらいたいです。

1人は亡くなっていますし、子供にも手を出していますからね。

統合失調症とは?

今回の争点となっていたと思われる統合失調症ですが、症状は大きく分けると3つに分けられるようです。

幻覚や妄想などの「陽性症状」

意欲の低下などの「陰性症状」

臨機応変に対応しにくい「認知機能障害」

小林被告は幻覚や妄想などの「陽性症状」だと思われます。

実在しない人の声が聞こえるなどの現実にないものをあると感じる幻覚が現れたり、周りで自分の悪口を言われていると思いこむ被害妄想が出たりなど、さまざまな症状が出現します。

引用 統合失調症ナビ

このような症状がみられるとなると今回の事件に当てはめると、幻聴や幻覚が原因で一家を殺傷した事になります。

ただこれはあくまでも一般論で小林被告はどのような症状だったのかははっきりしていないようです。

本当に統合失調症?

事件について調べていくと、小林被告は事件の2カ月前に短刀を購入している事がわかっています。

しかも殺害方法や民家への侵入方法をインターネットで検索していた事が判明しています。

これは明らかに計画性を感じます。

ただ裁判長からは

浅香竜太裁判長は判決理由で、事件2カ月前の28年8月から小林被告の妄想が非常に悪化していたことを重視。当時の精神状況は「妄想に苦しめられ、攻撃性を増大させていた」と認定し、「病気の悪化に伴う妄想の影響がなければ面識のない被害者一家を襲わなかった」と指摘した。

引用 産経新聞

なんとも言えない判断ですね。

これだけ世間でも注目の事件ですし、仮に30年後出てきても普通の生活は不可能だと思いますので、一生牢屋か死刑でもいいのではと思ってしまいます。

ネットの反応は?

ネットではどのようなコメントがあったのでしょうか?

なぜ死刑にされないの?なんの罪もない無関係な男性がいきなり押しきってきた男に理不尽に刺し殺されたのに。このキモい男を30年後に野に放って誰にメリットがあるのか?危険因子は除去して欲しい。刑務所の中での不慮の事故を望む

50半ばで出所して 時代の流れに取り残され まともに働いた経験も無ければ生活保護になるのでしょうかね・・ 精神疾患があれば通常より2万円?近く多く貰えるなんてのyoutubeで見たことがあります 刑務所での生活から考えたら天国ですよね出所後・・統合失調症を争点にしてくるならば満期後は精神病院で治療が完了するまで隔離しないとさらなる被害者を生み出す可能性はとても高く思います

やはり、一審の裁判員裁判で完全責任能力を認定して、検察側の求刑通りに死刑判決にした方が良かったのではないか?!と思えて仕方ない。

昔は精神病院が近くにあり柵格子の中で大人が吠えていた事がありました。
今はそんな病院も目にする事はないが
、重症になると強制に入れられるのでしょうか。普通に見て統合失調症とかうつ病の方とか見分けがつくのでしようか。

30年間は、税金が無駄である。

全自動死刑ロボットなんて、簡単に作れる時代ですよ。

甘い、甘い、甘い!病気を理由に死刑に出来んのは本当におかしい。

このようなコメントがありました。

死刑にならない事に批判的なコメントが多かったです。

コメント引用 ヤフーニュース

まとめ

今回の判決にはネットでは批判が非常に多かったです。

事件の残虐さから死刑でもいいのではと思いますが、やはり統合失調症を考慮されたように感じてしまいます。

30年ですので、50代で出所してきます。

年齢的な部分でいえば、仕事に就くことも厳しくお金に困りまた犯罪に手を染めるリスクが高いのではと思ってしまいます。

出所の時期を考え無期懲役や死刑でもよかったのではと思う判決でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。