Jeep 75Years Celebration - Jeep® Wagoneer

ABOUT

1963-1983
Jeep® Wagoneer

1962年、Jeep®ブランドは1963年モデルのWagoneerを導入しました。ラグジュアリーSUVの元祖となるモデルの登場です。ユーティリティワゴンWillysに代わるWagoneerは、乗用車風のスタイリングと快適性、利便性に四輪駆動のメリットを融合した革命的なクルマで、革新技術や業界初となる装備機能を満載していました。例えば、4×4モデル初のオートマチックトランスミッションや独立懸架式フロントサスペンション、業界初のオーバーヘッドカム6気筒トラックエンジンやオートマチック フルタイム4WDシステムなどです。
1973年にはフルサイズのJeep?トラックおよびワゴンに、4WDシステム、クォドラトラック?を設定。後にはCJ-7にも採用されました。
工業デザイナー、ブルックス・スティーヴンズがデザインを手がけたWagoneerは、モダンなスタイリングで人々の心を捕らえました。Wagoneer Station Wagonや初期のCherokeeを含む"Senior"(SJ)ラインは、28年余りにわたって生産され、生産終了当時、同一プラットフォームによる連続生産として米国自動車史上の最長記録となりました。尚、1984年、Wagoneerは小型WagoneerおよびCherokee XJモデルの導入にともない、Grand Wagoneerと改称されました。