Compass

New Jeep® Compass
パフォーマンス

※写真は米国仕様車の場合があります。日本仕様車は右ハンドルになります。※グレードによって装備は異なります。※写真・イラストはイメージです。

街で、ハイウェイで、オフロードで。
新しい風景への力強いパフォーマンス。

オンロードでの滑らかなドライビングを可能にするエンジンに加え、Jeep®本来のオフロード走破性を発揮する4×4システム(オンデマンド式)もご用意。あらゆるシーンで滑らかさと力強さを発揮します。

路面状況で選べる多彩なパフォーマンス。
セレクテレイン トラクション マネジメント システム

スロットルコントロール、トランスミッションシフト、トランスファーケース、トラクションコントロールなど12種類の車両マネジメントシステムを連動させることで、あらゆる路面状況で走行安定性を実現するのが、セレクテレイン トラクション マネジメント システムです。

AUTO(オート)

セレクテレインシステムがすべてのオペレーションを自動制御し、車両の運動特性を路面に最も適した状態になるよう調整します。また不要な場合にリアアクスルを分離して最大限の効率を確保します。

SNOW(雪)

車両の安定性を最大限高めながら、オーバーステアを最小限に抑えることで、雪道や凍結路で抜群のパフォーマンスを実現。このモードで自動的に選択・制御される主要システムには、ABS付4輪ディスクブレーキやオールスピードトラクションコントロールなどがあります。

SAND(砂)

反応のよいスロットル特性と適切なシフトアップポイントにより、柔らかい砂地を走れるよう特別なチューニングが施されたモードです。

MUD(泥)

ぬかるみを走破するため、特別にチューニングされたシャーシコントロール、ディファレンシャル、トランスミッション比を駆使し、ホイールを断続的に回転させることで低速走行でのトラクションを最大化します。

※いかに高性能なシステムでも、物理法則を覆したり、不注意な運転をカバーすることはできません。雪や氷その他の条件は、トラクションに悪影響を及ぼす可能性があり、このため車両性能には限界が生じます。エレクトロニック・スタビリティ・コントロール警告灯が点滅している場合、ドライバーはアクセルペダルをゆるめ、道路状況に合わせて速度と運転挙動を調節する必要があります。状況に合わせて、常に注意して運転し、必ずシートベルトを着用してください。

Jeep® アクティブドライブ

電子制御式パワートランスファーユニット(PTU)により、走行速度にかかわらず滑らかに4×2と4×4を切り替えます。車両の傾きを制御するヨー修正も自動で行われるため、常に安定性を確保。さらに状況に応じてバランスよくトルク配分を行うブレーキトラクションコントロールも搭載。あらゆる路面状況において自動で走行性能を強化します。

6速オートマチックトランスミッション
 

優れたレスポンスで、スムーズかつ高精度のギアシフトを提供するコンパクトな軽量トランスミッション。START&STOPシステムと新世代エレクトロニクスにより、燃費効率の向上に貢献します。

高精度にチューニング
された走り
 

Jeep®が長年培ってきたSUVのダイナミズムをベースに、オンロードでの洗練された走りを実現。さらに最新のメカニズムでステアリング精度を高めている他、マクファーソンストラットおよび周波数感応式ダンパーにより、路面の凹凸を見事に吸収し滑らかな乗り心地を提供します。

START&STOPシステム
 

デュアルバッテリーシステムを採用したCompassのエンジン。ブレーキ時に燃料流量を減らしエンジンを停止する高度な制御を用いることで、CO2排出量を低減。燃費効率を高めます。またブレーキペダルから足を離すと、エンジンが滑らかに再始動しトランスミッションと接続されます。

電子制御式9速オートマチックトランスミッション

クロスレシオ化された9つのギアにより、低速から高速までをカバー。すべてのギアを通じて、全速度域で常に洗練されたパフォーマンスと低燃費を約束します。また4つのオーバードライブレシオを設ける独自の構成を採用することで全体的なNHV(騒音、振動、ハーシュネス)を低減すると同時に、燃費効率の向上を実現。燃費性能を最大限高めながら、常に最適なパフォーマンスを発揮します。