事故

飯塚幸三元院長が書類送検!容疑は自動車運転処罰法違反!?危険運転致死傷罪との違いは?何年なのか?

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題は飯塚元院長が書類送検された件についてです。

書類送検と聞きなんで逮捕じゃないの??と素直に思ってしまいました。

調べていくと警察の対応は正しいのではと納得することが出来ました。

感情論で上級国民だからなどとニュースになるたび炎上していますが、弁護士サイトから書類送検について詳しく解説していきます。

また送検された容疑についてあまりにも軽すぎるのではと思いましたのでその点についても調べていきますので最後までお付き合いください。

飯塚院長が書類送検された件について!

書類送検されたの報道は共同通信でされています。

報道内容は以下の通りになります。

東京・池袋で4月、乗用車が暴走し母子が死亡した事故で、警視庁は12日、自動車運転処罰法違反の疑いで、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検した。

東京・池袋の暴走事故で、警視庁は書類送検した飯塚幸三元院長について、起訴を求め「厳重処分」の意見を付けたと明らかにした。

引用 共同通信

このような報道がされました。

書類送検されたのにも関わらず未だに容疑者との報道ではない事に違和感を覚えました。

これでは上級国民と言われても仕方ないと思います。

ただ警察は起訴を求める【厳重処分】を付け加えたとも報道されています。

 

問題はここから!

書類送検ですが、これは被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官に送る事になります。

事件の捜査・・・警察の仕事

起訴するか・・・検察の仕事

このように検察と警察では役割が違います。

捜査段階で警察が身柄の拘束をしなかったのは、上級国民だったからではありません。

刑事事件の中には、逃亡のおそれがない、証拠隠滅のおそれがないなどの理由から、被疑者(警察等の捜査機関から犯罪をしたという疑いをかけられた人)を逮捕する要件を満たさない事件もたくさんあります。また、逮捕の要件を満たすものの、警察が、敢えて逮捕に踏み切る必要がないと判断することもあります。このような場合、警察は、被疑者を逮捕せず、適宜被疑者を呼び出して取調べをするなどしながら、捜査を進めます。その間、被疑者は、それまでと同じように社会の中で生活を送りながら、何度か警察署へ出向いて、取調べを受けることになります。そして、警察は、取調べの結果などを書類にまとめて検察庁に送る手続を行い、それ以降は検察官が主体となって取調べ等の捜査を行います。これが、いわゆる「書類送検」と呼ばれているものです。

引用 東京刑事事件相談

このように高齢だった事と、ケガをしたことで逮捕をせずに捜査が続けられると判断したからだと思われます。

※別の事故では身柄を拘束されていケースも多々あります。

警察はなぜ身柄を拘束せずに捜査を進めたのかしっかりと公表する必要はあったのかもしれませんが・・・。

理由はどうあれ今後裁判にかけられる事は間違いないでしょう。

ここで不起訴処分となった場合はやはり上級国民だからと言われてしまう可能性はありますが・・・。

現時点では警察の捜査は終了し検察側で起訴するのかどうかを判断していくことになります。

裁判で懲役になるのかどうかはこれからですので、問題はこれからになります。

 

書類送検は罪が軽くなるのか?

書類送検と聞くと罪は軽くなると感じませんか?

調べていくと実はそんな事ないようです。

よく、「書類送検なら軽い処分で済む。」というようなことを考えている人がいます。確かに、一般的に言えば、被疑者が逮捕された事件と比べると、逮捕を伴わず書類送検された事件は、結果的に軽い処分で終わる場合が多いといえます。
しかし、これは単なる運用上の割合の違いに過ぎず、書類送検だからといって、軽い処罰で済む保証は法律上どこにもありません。実際、逮捕されることなく書類送検がなされたものの、最終的に罰金刑が科せられたり、正式な裁判(公判)にかけられて執行猶予付きの懲役刑、さらには(数は少ないですが)実刑に処されたりすることもあります。書類送検になったということは、あくまで逮捕の要件が満たされなかった(あるいは、要件は満たすものの警察が敢えて逮捕に踏み切らなかった)ことを意味するにとどまり、このことと最終的な処分や刑罰の重さとは、直接は関係がないのです。

引用 東京刑事事件相談

このような判断となります。

やはり傾向としては軽くある事があると言われていますが、事件の悪質さや大きさで直接的には刑罰と関係はないようです。

 

容疑は自動車運転処罰法違反とは?

今回の書類送検された容疑についてですが、自動車運転処罰法違反になります。

必死に調べてた結果、業務上過失致死傷罪か危険運転過失致死のどちらかになるのではと思われます。

業務上過失致死傷罪とは自動車の運転により人を死傷させた場合に適応されます。

法定刑については

5年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

このようになります。

言ってしまえば最大でも5年の懲役で済みます。

人を轢いてしまってしかも亡くなった場合にも5年なんです。

最大でも5年が適応されるのかどうかが争点になっていくのではないでしょうか?

 

 

危険運転致死傷罪の可能性は?

自動車運転処罰法をより厳しくした法律が危険運転致死傷罪になります。

こちらの法定刑は

被害者がケガをした場合には、15年以下の懲役刑となります。
被害者が死亡したときは、1年以上の有期懲役刑となります。

引用 交通事故弁護士相談

このようになります。

今回の事故では死者が出ていますので確実に懲役刑にすることが可能になります。

適応条件を見ていくと、

アルコールまたは薬物の影響で正常な運転ができないおそれがある場合

自動車運転を制御するだけの技能を持たずに運転したケース

制御が難しいほど速度超過したケース

信号無視

このような場合に危険運転過失致死が適応される場合があるようです。

今回の場合では自動車運転を制御するだけの技能を持たずに運転したケースに該当するのではと思いましたが、書類送検の理由は自動車運転処罰法違反になるようです。

飯塚院長はアクセルとブレーキを踏み誤った事で事故を起こしたと言っています。

技能不足は間違いないのではと思ってしまいます。

報道でも以下のような事がされていました。

送検容疑は、4月19日午後0時25分ごろ、豊島区東池袋の都道で乗用車を運転中、ブレーキと間違えてアクセルを踏み続け、時速90キロ台後半まで加速し暴走。赤信号を無視して横断歩道に突っ込むなどして、自転車に乗っていた松永さん親子を死亡させ、歩行者ら9人にけがをさせた疑い。

送検内容をみても危険運転過失致死が適応される可能性はあると思われます。

また医者から運転をしないように言われていたとの情報もありましたので、危険運転過失致死で起訴になる可能性があると思います。

 

飯塚院長が書類送検された事件のネットの声は?

ネットではどのような意見があったのでしょうか?

この事故は不可解な点が多すぎる。
まずなぜ逮捕されないのか?
有識者は高齢であること、証拠隠滅や逃走の恐れが無いからと言ってるが、同じ高齢者が事故を起こしたり、負傷者が居なくても逮捕されてるのに、死亡事故を起こしてる飯塚が逮捕されないのはおかしい。

逮捕されないのは百歩譲っても、捜査や送検に至るまでが明らかに遅い。
半年もかけて何を捜査してたのか?
車を調べるだけなら、どんなに遅くても一週間あれば充分な捜査や検証ができるはず。

当然だよ

医者から運転をしないように言われていたのに
重大な事故を起こした

遺族が納得できるような展開になってほしい

飯塚は逮捕されず自由に生活してます。それ自体許せませんが自由に行動できるならなぜ遺族へ謝罪に向かわないのでしょうか?(遺族側が会ってくれるかどうかは別ですが)
事故を起こしたこと自体許されることでは無いですがそれに輪をかけてその後の言動行動があまりに酷いです。いまだに車の性能が悪かったみたいな言い方もしてるようですし。もうあの歳では本当の意味で反省は無理だと思います。今までの人生はいわゆる上級国民として横柄な態度で生活してきたのでしょうし、どうせ残りの人生もわずか、人生の最後のほうに平民を2人殺してしまったけどまあちょっと運が悪かったな、ぐらいにしか思って無いのでしょう。実際、遺族が納得するような罪にもならないのでしょうし。
マスコミ、週刊誌、こういう時こそ徹底して追いかけ回して追及して地獄を見せてやってほしいです。それが今後の抑止力にもなりますから。

今もなお保身の言葉を発している
飯塚さんに聞きたい。
もしあなたの可愛いお子さんやお孫さんが同じ目に遭ったならどう思いますか?
無惨に轢き殺されて、心からの謝罪もされず放っておかれたらどう思いますか?
普通ならそんな犯人が憎くてたまらない
気持ちになります。生きる力も奪われて
でも生きていかねばならない。
あなたはその犯人です。もし人の心が
おありなら、きちんと罪を償われたら
いかがですか?
あなたもあなたのご家族も、毎日苦しくないのでしょうか。

このような意見がありました。

コメント引用 ヤフーニュース

 

まとめ

今回は逮捕容疑について、書類送検について必死で調べてみました。

警察は危険運転過失致死で送検していますので、しっかりと起訴してもらいたいです。

万が一でも業務上過失致死にならないでもらいたのが本音です。

松永真菜さんと娘の莉子ちゃんは帰ってきませんし、遺族の方の気持ちを考えれば少しでも重い罪をと思ってしまいます。

今後の展開に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。