事件

青森八戸市きりつけ事件の中学生が後悔している?反省しているのか?真意は?塾に行く神経とは?中学特定!

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題hは青森の八戸市で起きた通り魔事件に新着情報が出て来ました。

逮捕から数日経ち中学生がどのような人物だったのかや事件の状況・供述など明らかになってきました。

今回は中学生の供述や通っている中学校の情報など入ってきましたので情報共有していきますので最後までお付き合いください。

事件当日の状況や逮捕時の様子などは別記事でまとめていますので、確認ください。

青森県八戸市で通り魔か?犯人は少年だった!犯人の特徴・目的は?八戸市新井田西ジープ速報です!! 今回取り上げる話題は小6の女児がいきなり見知らぬ男に首を切りつけられた事件についてになります。 小6の女...
青森県八戸市の通り魔事件の犯人の少年の名前・顔画像は?年齢や動機について!殺人未遂で逮捕!ジープ速報です!! 今回取り上げる話題は青森の八戸市で起きた通り魔事件の犯人が逮捕された件についてです。 前回記事では犯人の...

最新の情報について!

事件の最新【14日17時現在】情報はフジテレビ系(FNN)で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

青森・八戸市で12日、小学生の女の子が首を切られ負傷した事件で、殺人未遂の疑いで14日朝に送検された中学2年生の少年(14)は、逮捕前の調べに対し、「こんなことをしなければよかった。後悔している」と話していたことがわかった。

また、少年は、事件後に塾に行き、警察が塾から少年を任意同行したという。

引用 フジテレビ系(FNN)

このような報道がされています。

 

事件を後悔している?

最新の情報で出ていますが、「こんなことをしなければよかった。後悔している」と話しているようです。

逮捕時とはかなり供述が変わってきています。

逮捕の時は【人を殺してみたかった】などと供述していますので、事件から2日経ち反省をし始めているのでしょうか。

 

反省しているのか?

供述で反省の素振りを見せているようですが、実際はどうなのでしょうか?

真意は中学生にしかわかりませんが

考えられる事としては

1、反省をしている様子を見せ刑を軽くする狙いがある

2、大人の知恵が入った

3、事件の重大さに気が付いた

このような事が考えられるのではないでしょうか。

ここに文字を入力してください

1、反省をしている様子を見せ刑を軽くする狙いがある

この件については正直から反省をしているようには感じません。

事件後の供述では【殺してみたかった】【誰でもよかった】などと通り魔的な考えを口にしています。

しかも家にカッターが複数発見されています。

他にも事件後に塾に行っている事から普通の神経であれば

【あの子生きているかな??】

【事件がバレたらどうしよう】

【殺してしまったかも】

などと思うはずです。

それを塾に行ってしまうあたりが本当にサイコパスのような考えではと思ってしまいます。

この手の犯罪者は一般的な考えとしては反省などしていないケースが多く、自己防衛に走る傾向があります。

今回もこのように事件後の刑を軽くするために反省しているように見せている可能性はあるのではと思ってしまいます。

2、大人の知恵が入った

事件から時間が経ち弁護士や親が中学生と話す機会が出ている可能性があります。

その際に反省の色を見せる事をアドバイスしたのではと思ってしまいます。

3、事件の重大さに気が付いた

私自身は事件の重大さに気が付き本当に反省していると信じたいです。

事件はある種の興奮状態で自制心がなくなり実行してしまったと考えられます。

やった事は許されるべき事ではありませんが、本当に心の底から反省しているので出た言葉ると信じたいです。

 

中学校は特定との声も?

男子中学生の詳しい情報はメディアで公開されていませんが、大館中だと噂されています。

確かに事件現場から近いのがわかります。

ただ現状では完全に特定するわけにはいきません。

もしかしたら犯行現場は自宅や学校の付近ではなく別の地域に移動していた可能性もあります。

犯行は徒歩でしたが、違うところに自転車を止めていた可能性もあります。

 

反省の供述に対するネットの反応は?

ネットでは今回の反省しているような報道にどのようなコメントをしているのでしょうか?

こいつズル賢い奴だきっと。
反省している風を装えば懲罰が軽くなる事を知った上での発言だろうと思う。
被害女児の親御さんの気持ち、そして何より被害女児の事を考えれば、情状酌量なんてムダな事はせずに何年でもいてほしい。

何より再犯のリスクが多分にあると思うのは自分だけでないはず。

こんな発言聴きたくなかった。
本心は最初に発言した言葉そのものでしょう。
根が腐ってる、としか言いようがない。
家庭環境にも問題があるのでしょう。
人を傷つけた後に
塾に行けるほどの腐った心を
家族は誰も何もきづけなかったのでしょか。
実名を!
そしてできる限り長く拘束してもらいたい!

首を狙ったんだから後悔の範囲外ですよ。
普通は殺人未遂した次の日学校や塾には行けないし普通に過ごせない。
今更反省したフリか。
こういうタイプは更正は無理。
せめて名前と顔は晒すべき。

少年犯罪なんてネットで検索すればいくらでも情報が得られる時代
加害少年は法に守られて”更生”と言う曖昧なモノへ行くんでしょうが被害女児の心の傷は治らない。

後悔してもねぇ…
女児は一生傷を負います。
少年のやったことは「傷害」ではなく「殺人未遂」!
一生「重犯罪」を犯した罪の呪縛に苦しんで下さい!

こんな言葉に騙されるな。
誰でもよかった、人を殺してみたかったって言う奴が簡単に変わるわけない!

このようなコメントがありました。

やはりネットでも最初の殺してみたかったの供述が本心ではとの意見が多かったです。

コメント引用ヤフーニュース

 

 

まとめ

今回の事件では中学生は反省をしているような発言をしている事がわかりました。

真意はわかりませんが、実際は最初の供述が正しいのではと思う気持ちがある中で、中学生が本当に反省していてほしいとの気持ちが入り混じっています。

今後また新たな展開を見せましたら記事にしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。