事件

【岸瑞貴】東京・葛飾区でタクシー料金踏み倒し!顔画像・Facebookについて!動機がヤバい!

ジープ速報です!!

今回取り上げる話題は東京・葛飾区でタクシー料金を踏み倒したとして逮捕された事件についてです。

この事件で逮捕されているのは岸瑞貴容疑者になります。

今回は岸瑞貴容疑者につい調べていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要について!

事件についてはTBS系(JNN)で報道されています。

報道内容は以下の通りになります。

「金を取りに行く」とうそを言い、タクシーの乗車料金をおよそ15回にわたって踏み倒したとみられる21歳の男が、警視庁に逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・葛飾区の無職、岸瑞貴容疑者(21)です。岸容疑者は先月7日の午前1時ごろ、新宿区から葛飾区の自宅近くまでタクシーに乗った後、「お金を取りに行くので、ポシェットを代わりに置いていく」とうそを言って、乗車料金およそ8800円を踏み倒した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、岸容疑者は今年10月以降、アルバイトの帰りなどにタクシーで自宅近くまで移動する際、およそ15回にわたって料金を踏み倒したとみられています。

取り調べに対し、岸容疑者は「お金がなく疲れていたので踏み倒した」と供述し、容疑を認めているということです。

引用 TBS系(JNN)

このような報道になります。

15回も踏み倒しをしていたのには驚きです。

これは常習犯ですよね。

1度うまく行ったので、何度も犯行を行っていたのかもしれません。

 

 

岸瑞貴の顔画像・Facebookは?

顔画像については公表されています。

出典 JNN

このような風貌になります。

Facebookについては同姓同名のアカウントはありましたが、本人のものと思われるアカウントはありませんでした。

岸瑞貴のプロフィールについて!

現時点で分かっている事をまとめました。

名前 岸瑞貴

年齢 21歳

住所 東京都葛飾区

職業 無職(アルバイト?)

罪名 詐欺

このようになります。

供述ではアルバイト帰りに疲れていてタクシーを使ったと言っていますが、報道では無職の扱いになっています。

 

動機について!

動機については疲れていたと供述しています。

ただ15回は流石に常習性があると思います。

1度成功をして何度も繰り返したと思いますので、疲れていたは言い訳のように感じます。

そもそも疲れているのであれば新宿でアルバイトをせずに葛飾区でアルバイトをすればいいのではと思ってしまいます。

交通費を掛かりますし、通勤時間もかかってしまいます。

都内のアルバイトであればいくらでもあると思いますからね。

 

 

ネットの反応は?

ネットではどのような事が言われているのでしょうか?

終わってるな。

でもこの手の事件はよく聞くが
対策方法はないものでしょうか。

動機が子供じみていて笑った。タクシーは無料ではない。金がない人は乗れないんですよ。

後払い禁止するがいい。
払うまでドアロックままする。
応じない場合はそのまま警察へGO!

こんな大人がいるなんて本当に残念。
これからの日本は駄目になるとしか思えない。

きっと更正する事は無いのでしょうね。
一生詐欺や窃盗等を繰り返す人生を送るのでしょう。

名前と髪型を見て女性かと思ったら、男性と書いてあって驚いた。

このようなコメントがありました。

コメント引用ヤフーニュース

 

罪は詐欺?強盗じゃないの?

逮捕容疑は詐欺になります。

タクシーの踏み倒しでは強盗で逮捕とよく聞きますが、今回はなぜ詐欺なのでしょうか?

調べてみると、強盗の定義にはタクシードライバーは暴行を加えられていないからになるようです。

強盗罪は
「暴行または脅迫を用いて人の財物を奪ったり,財産上の利益を得たりした場合」
に成立します。
タクシー強盗はまさに「暴行によりタクシー代金相当額の利益を得ている」ため,
強盗罪となるわけです。

引用 https://ameblo.jp/e-shinoda/entry-12383688536.html

 

タクシーの無賃乗車は、刑法では、詐欺罪(246条1項、2項)に問われます。タクシーの無賃乗車の罪の重さは、刑法246条1項により10年以下の懲役刑となります。

タクシーの無賃乗車の実際の判例では、約85%が懲役1年から3年でそのうちの51%が執行猶予が付いています。

引用 https://driver-times.com/driver_job/driver_taxi/1053341

刑罰については1年から3年で執行猶予が付く可能性がありそうです。

ただし、今回は15回もやっている事から常習性が認められ、実刑の可能性もあるかもしれません。

まとめ

今回はタクシー料金を踏み倒した事件についてまとめました。

15回は流石に多き情状酌量の余地はないと思います。

しっかりと裁いてもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。