事件1

【千葉県松戸市五香3・虐待】牧野利加容疑者の顔画像・Facebookは?育児ノイローゼか?

ジープ速報です!!

千葉県松戸市で1歳の子供に虐待したとして母親が逮捕される事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは牧野利加容疑者になります。

イライラしていたとの事ですが、日常的な虐待はあったのでしょうか?

事件について見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要について!

事件については千葉日報オンラインで報道されました。

報道内容は以下の通りになります。

1歳の長男の顔を平手で殴りけがを負わせたとして、千葉県警松戸東署は18日、傷害の疑いで母親の松戸市五香3、自称無職、牧野利加容疑者(30)を逮捕した。「家事の最中に長男が泣き出し、いらいらしてたたいてしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は16日午後8時ごろ、自宅で長男の顔を平手で殴る暴行を加え、けがをさせた疑い。長男は左耳の鼓膜が破れ、左の頬にも全治約1週間の皮下出血があった。命に別条はないという。

同署によると、牧野容疑者は会社員の夫(30)と長男の3人暮らし。当時、夫は仕事で不在だった。翌17日、夫と2人で市内の病院に長男を連れて行き、病院が同日午後6時半ごろ、同署に「虐待の疑いがある」と通報した。同署で詳しい動機などを調べている。

千葉県児童家庭課は母子が関わった児童相談所への相談などの有無について「個人情報なのでお答えできない」としている。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00010005-chibatopi-l12

このような報道になります。

虐待事件は絶えませんね。

鼓膜が破れるほど強く叩くほど追い詰められていたのでしょうか?

育児は大変なのはわかりますが、起こしてはいけない事だと思います。

 

牧野利加容疑者の顔画像・Facebookは?

牧野容疑者の顔画像の情報ですが、現時点ではどのメディアでも公表はされていません。

Facebookについては同姓同名のアカウントはありましたが、本人と思われるのもはありませんでした。

Twitterやインスタも同様になります。

最近では虐待事件でも逮捕時の映像が報道される事もあります。

情報が入りましたら追記していきます。

プロフィールについて!

現時点で分かっている事をまとめておきます。

名前:牧野利加

年齢:30歳

住所:千葉県松戸市五香3

職業:自称無職

罪名:傷害の疑い

職業については自称無職ですので、おそらく専業主婦ではないかと思います。

家族関係については旦那と長男の3人暮らしです。

住所について検索をすると以下のような場所になります。

動機について!

動機については【家事の最中に泣き出しイライラしてやった】と認めています。

長男は1歳ですので、動きまわれる時期になってきます。

1人で子供の面倒を見るのは非常にストレスが溜まりますし、大変な事です。

突発的に叩いていまったのかもしれません。

ただ鼓膜が破ける事になってしまっています。

イライラするのはわからなくはないですが、許される事ではないかと思います。

ネットの反応は?

ネットの声を見ていきます。

なんで児童相談所への相談の有無が個人情報なの?今度から児童虐待は隠蔽する方針を固めたの?

叩いたらもっと泣くと思うけどなぁ

また千葉ー。

あなたのニュースに皆がイライラしています。殴り殺されても文句言わないんだよね。

このようなコメントがありました。

コメント引用元https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200319-00010005-chibatopi-l12

まとめ

今回の事件では同情の余地はありますが、男の子は鼓膜が破けるほどのケガを負っています。

ネットでは鼓膜が破れてしまっても90%は治るとの記事を見ました。

最後に、破れてしまった鼓膜はどのように治療し完治していくのか詳しく見ていきましょう。

鼓膜が破れてしまったかもしれないときは、まず耳鼻科を受診することになります。
耳鼻科では診察や問診が行われます。

鼓膜の状態を確認し、軽度の物であれば自然治癒を待ち、経過観察が行われることになります。

前項でも紹介した通り、激しく鼓膜が破れてしまっている場合には手術が行われることもあります。

この手術は30分程度ととても短い時間で終了する簡単なものですので、手術すると聞いても怖がる必要はありません。
手術は、耳の後ろから採取した組織を用いて鼓膜の穴を塞ぐというものです。

手術を行った場合、聴力の戻る可能性は90%以上ととても安心して受けられる手術ですので、手術が必要と言われたらしっかりと治療してもらうようにしましょう。

引用 https://ouchimedical.com/archives/6214

聴力については戻る事を願いたいです。