事件1

【悲報】フルート奏者さん、演奏当日に「新型コロナの感染者を出したくない」と会場から演奏を禁止されるとの情報

名古屋のホール会場に関するTwitterが話題です。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

今日は本当に悲しく、驚くことが起きました。会場にいき、開始三時間ほど前に会場側から「フルートは演奏禁止なのでやめてください」と言われました。今日の講義は、モーツァルトのフルート協奏曲2番です。当日、開始三時間前の話です。フルート奏者の子も、コロナ対策のためフルートのマスクもつけて

ます。PCR検査も受けてくれました。飛沫の検証結果も見せました。お客様との距離も2mとっています。それなのに、会場内では吹くのはだめの一点張り。もちろん、契約の際にそんなことは言われていません。そもそも言われていたら最初からしません。それを当日開始数時間前に言われ、、

演奏家はただその場で演奏するだけではありません。その本番のために皆練習して、勉強して。そしてこれからもオーボエ、フルート、歌はやめてほしいと言われました。どんな対策をしてもやめてほしいといわれました。

 

 

 

 

ネットの声パート2

とても悲しく、辛い気持ちでいっぱいです。#コロナ対策 #コロナ

マスクができない楽器は全て禁止と今また会場側よりメールが来ました。

そのフルート奏者です(笑)
ホール側の対応があまりに酷く、過去に経験がない事態で主催の学校、伴奏者さん、スタッフの方々、皆大騒ぎになりました。
名古屋市内のホールです。
理由は「弊社から感染者が出たらまずい」という保身のみです。