災害

台風12号(2020年) アメリカ米軍による進路予想 随時更新最新版との情報

2020年の台風12号(ドルフィン)が発生。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

こちらはフィリピンのWebサービス『Typhoon2000.com』が公開しているデータです。各国が9月21日12時ごろに発表した台風12号の進路予想を同一地図上にまとめています。

紫色の線が米軍の予想を、オレンジ色の線が気象庁の予想を表しています。そのほかの線は香港気象台、中国気象局、台湾交通部中央気象局、大韓民国気象庁、フィリピン大気地球物理天文局の予想を表しています。

残念ながら台風12号が誕生したばかりなので、今のところ、香港気象台の線しか表示されていません。

 

 

 

 

ネットの声パート2

そのうち日本とアメリカの線も追加されるはずなので待ちましょう。

こちらは米軍が9月21日2時頃に発表した衛星写真です。画面上部に台風12号のたまごの姿が写っており、赤い矢印で指し示されています。

この時点ではまだ台風になっていなかったこともあって、雲の塊のようにしか見えません。これから発達していくことが予想されます。