事件

「一緒に死のう」と学校から父に連れ去られた10歳長女、ダム湖で死亡

小学4年の長女を殺害目的で誘拐したとして、奈良県警は13日、同県宇陀市、調理師の男(36)を生命身体加害誘拐容疑で逮捕した。長女は同日朝、同県川上村のダム湖で見つかり、死亡が確認された。男は「一緒に死のうとダム湖に入った」と供述しており、県警は殺人容疑を視野に経緯を調べている。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

親の負担、社会の責任
結局は親の負担になるんだな

どうして、こんな悲しいことが起きてしまうのか。

最低な父親。 特別支援学校の担任の先生らはいたたまれないだろうな。 生きて学校来てたんだもの。小学生の子らは可愛いから

 

 

 

 

ネットの声パート2

一緒に死のう思った 嘘クセェって言われるだけよな

無理心中図って手前だけ命惜しくなって助かるっての、本当に4文字だ。

所謂「非親権者による連れ去り」事件はなさそうですね…。短期間ながら軽度障害児教室を受け持った事ある身として重度障害を持つ子の親たる苦悩は想像を絶するが、娘さんが可哀想すぎてもう…