事件

【速報】車内に姉妹を放置死の罪 母親に懲役6年判決 高松地裁「動機は身勝手」

2020年9月、高松市で幼い姉妹を車内に放置して熱中症で死亡させた罪に問われた母親に対する裁判で、高松地裁は、検察の求刑通り、懲役6年の有罪判決を言い渡しました。

保護責任者遺棄致死の罪で判決を受けたのは、高松市川島東町の無職、竹内麻理亜被告(27)です。  判決によりますと、竹内被告は2020年9月2日の午後9時10分ごろ、バーで飲酒しようなどと考え、高松市の駐車場に止めた車の中に当時6歳の長女と3歳の次女を置き去りにしました。そして、2人を約15時間放置し、熱中症で死なせました。  15日に始まった裁判員裁判で、竹内被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、裁判の争点は「量刑」に絞られていました。  検察側は「家族に知られず飲み歩きたいと危険な放置行為を繰り返したあげくの犯行で、母親として無責任かつ悪質」と指摘し、懲役6年を求刑。  一方、弁護側は「これまでの経験やしつけから危険性は低いと考えていて故意の程度は弱い」、「育児での疲労や家族との行き違いで、苦悩を抱えていた」と主張。情状酌量を求めていました。  19日の判決公判で、高松地裁の近道暁郎裁判長は「2人の子どもが亡くなった結果は重大で、この不幸は計り知れない。以前からバーで飲酒し、危険があると分かっていて、動機は身勝手で非難されるべきだ」と指摘しました。  そして、育児ストレスや孤独感という背景があっても、経緯はくめないとして、検察の求刑通り、懲役6年の判決を言い渡しました。  判決の言い渡し後、裁判長の「分かりましたか」という問いかけに、竹内被告は「はい」と一言だけ答えた。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

子供2人15時間かけて蒸し焼きして殺しても6年かー ハンムラビ法典が優れてるまであるよなぁ

短い

身勝手から幼子二つも奪って懲役6年?60年間違いかと目疑う。裁判官頭おかしくなったか?ハムラビ法典方がずっとマシ。

 

 

 

 

ネットの声パート2

子どもを実家か夫に預けて飲みに行ければ、死なせずに済んだ。幼い子を持つ母は絶対に外に飲みに行ってはいけないという世論も良くない。たまには行っていいはず。

自分子供達虐待させたのに なんでこんなクソ親が たった懲役6年で済むんだ?

この手の報道を見ていつも思う。
これは保護責任者遺棄致死ではなく殺人罪だと。何もできない子供が唯一守ってくれる立場である親に殺される。ある意味殺人より罪は重い。