注意

いじめ武勇伝・小山田圭吾の息子 小山田米呂(ミュージシャン)にも飛び火!親のせいで誹謗中傷の嵐

オリンピック開会式の音楽担当に抜擢されたことで、過去の障害者いじめ武勇伝が再び炎上した小山田圭吾。 その流れは息子にも。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

息子として親の不始末を詫びるのは古今当然の行為、この息子は被害者さんの心に寄り添って生きにゃならん

かつてここで
「不正義に対する沈黙は賛同と一緒」
と言い切った米呂さんですから、
きっと進言されることでしょう。

親のした事の間違いを子供が謝る必要はないです。然し、一言欲しいと思うのも本心です。親が東京オリンピックのパラリンピックの音楽を担当って皮肉に取れて(笑)親が会見開いてちゃんと皆へ謝罪するべきだと思います。

 

 

 

 

ネットの声パート2

ここにリプライする人は一度自分の正義が暴走していないか、立ち止まってよく考えてみましょう

夜神月、エレン・イェーガーが典型例ですね。だけどこれら全て多くの人から支持されるんですよね。私は悪を滅ぼす正義の暴走賛成です。その辺はあなたと叩く人たちの意見の相違でしょう。

あー、死にたい言うてるツイートは死んでるか?

なんでもかんでも言葉通りしろっていい大人が要求するなよ

あなたの人生「有言実行」しかほんとーー本当にーーにないんか?