事件

花森弘卓の映画サークルでのトラブルは何?恨みを買ったのは琉球大学映画研究会でない可能性をチェック!

「地下鉄硫酸事件」の犯人・花森弘卓容疑者が沖縄県内で逮捕されて東京へ移送。犯行動機の供述が待たれるところですが「映画サークルでのトラブル」を文春砲がアップ。これを受けて、琉球大学映画研究会がSNSで浮上。しかし、別の大学の可能性がありチェック。

 

花森弘卓の映画サークルでのトラブルは何?

花森弘卓容疑者が所属していたとされるの映画サークルでのトラブルが何であったかという最大の疑問に対して、その大学が「琉球大学」の「琉球大学映画研究会」ではないかとの情報が流れている。

本当に「琉球大学」なのでしょうか?
情報が流れた経緯は、花森弘卓容疑者の逃走先は沖縄で、琉球大学在学時代の友人宅に身を寄せていたことが判明しています。

なので、「琉球大学の映画サークル」イコール「琉球大学映画研究会」となったようです。

「琉球大学映画研究会」に犯行動機の謎を解くカギが?と思ってしまいます。

しかしどうもそうではないよう

 

花森弘卓の映画サークルでのトラブルは何?恨みを買ったのは琉球大学映画研究会ではない可能性も確認!

花森弘卓容疑者は家庭の不幸から、琉球大学農学部を辞めて地元静岡の戻り、そこの大学に特待生扱いで編入している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72168005b11259d710fbe3c65cc7626e6758e761?page=2

被害者男性が東京かその周辺地域の出身の可能性が高く、トラベルのあった「映画サークル」は静岡の大学であって、琉球大学という線は薄いと思われる。

 

ネットの声パート1

逮捕されるために向かった約束の地 沖縄
逃げ切るつもりは無かっただろう
映画サークルでの屈辱を不運の原点と思ったのだろうか

コロナ禍は人々の闇を増幅させている

静岡県内で現役大学生の花森弘卓容疑者(25)は沖縄県の琉球大学時代の映画サークルで後輩だった不動産会社に勤める被害者の会社員男性(22)の仕事帰りを狙う

#模倣犯 が現れそうで背後に立たれるのが怖くなる💦

どうやって捕まえたんだろう?服は着替えてたね。

母親は中国人
父親は整体院

#琉球大学 の同じ映画サークル

花森弘卓 25歳
被害者 22歳

 

 

 

 

ネットの声パート2

花森弘卓容疑者を東京に移送 花森弘卓が所属していたサークルは琉球大学映画研究会か 母親は中国人で勤務医だった
花森弘卓が職業不詳から大学生に変わったわけやけど、25歳でまだ大学生って事は浪人してるか留任してるかなわけやけ …

花森弘卓容疑者
琉球大学、その後に静岡の大学に編入
映画サークル
父親は整体師、母親は中国人(両親共に亡くなられている)

なるほどねぇ

ええええ