解答速報

【解答速報】2021年11月 技術士補試験 解答発表!「難易度が高い」

2021年11月に行われる技術士補験の合格基準、解答速報、受験生の感想などをまとめました、答え合わせは自己責任でお願いします

 

試験内容

●一次試験(技術士補試験になるための試験)
1.基礎科目・・・・科学技術全般(1時間)
出題分野は、次の①~⑤のとおり

① 設計・計画に関するもの(設計理論、システム設計等)
② 情報・論理に関するもの(アルゴリズム、情報ネットワーク等)
③ 解析に関するもの(力学、電磁気学等)
④ 材料・化学・バイオに関するもの(材料特性、バイオテクノロジー等)
⑤ 技術連関(環境、エネルギー、品質管理、技術史等)
2.適正科目・・・・技術士法第四章規定の遵守(1時間)
3.共通科目・・・・数学、物理学、化学、生物学、地学から2科目を選択。
4.専門科目・・・・以下の①~⑳から1部門を選択。基礎・専門知識についての出題。(2時間)
① 機械/材料力学、機械力学・制御、熱工学、流体工学
② 船舶/材料・構造力学、浮体の力学、計測・制御、機械及びシステム
③ 航空・宇宙/機体システム、航行援助施設、宇宙環境利用
④ 電気・電子/発送配変電、電気応用、電子応用、情報通信、電気設備
⑤ 化学/セラミックス及び無機化学製品、有機化学製品、燃料及び潤滑油、高分子製品、化学装置及び設備
⑥ 繊維/繊維製品の製造及び評価
⑦ 金属/鉄鋼生産システム、非鉄生産システム、金属材料、表面技術、金属加工
⑧ 資源工学/資源の開発及び生産、資源循環及び環境
⑨ 建設/土質及び基礎、鋼構造及びコンクリート、都市及び地方計画、河川、砂防及び海岸・海洋、港湾及び空港、電力土木、道路、鉄道、トンネル、施工計画、施工設備及び積算、建設環境
⑩ 上下水道/上水道及び工業用水道、下水道、水道環境
⑪ 衛生工学/大気管理、水質管理、環境衛生工学(廃棄物管理を含む。)、建築衛生工学(空気調和施設及び建築環境施設を含む。)
⑫ 農業/畜産、農芸化学、農業土木、農業及び蚕糸、農村地域計画、農村環境、植物保護
⑬ 森林/林業、森林土木、林 産、森林環境
⑭ 水産/漁業及び増養殖、水産加工、水産土木、水産水域環境
⑮ 経営工学/経営管理、数理・情報
⑯ 情報工学/コンピュータ科学、コンピュータ工学、ソフトウェア工学、情報システム・データ工学、情報ネットワーク
⑰ 応用理学/物理及び化学、地球物理及び地球化学、地質
⑱ 生物工学/細胞遺伝子工学、生物化学工学、生物環境工学
⑲ 環境/大気、水、土壌等の環境の保全、地球環境の保全、廃棄物等の物質循環の管理、環境の状況の測定分析及び監視、自然生態系及び風景の保全、自然環境の再生・修復及び自然とのふれあい推進
⑳ 原子力・放射線部門/原子力、放射線、エネルギー

●二次試験
□筆記試験(総合技術監理部門以外の技術部門)
Ⅰ必須科目
① 技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの(記述式:600字×3枚以内/3時間30分)
選択科目(Ⅱ選択科目:記述式:600字×3枚以内、Ⅲ選択科目:記述式:600字×3枚以内/3時間30分)
③ Ⅱ選択科目:
「選択科目」についての専門知識及び応用能力に関するもの
④ Ⅲ選択科目:
「選択科目」についての問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの

□筆記試験(総合技術管理部門:Ⅱ選択科目免除の場合は、Ⅰ必須科目のみ受験)
Ⅰ必須科目(5時間30分)
① Ⅰ必須科目-①:
「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力を問う問題(択一式:40題/2時間)
② Ⅰ必須科目-②:
「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力を問う問題(記述式/3時間30分)
Ⅱ選択科目
(総合技術監理部門を除く技術部門のうち、あらかじめ1つの科目を選択)(選択科目Ⅱ-①:記述式/2時間、選択科目Ⅱ-②③:記述式/3時間30分)
③ Ⅱ選択科目-①:
選択した「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの
④ Ⅱ選択科目-②:
選択した技術部門に対応する「選択科目」についての専門知識及び応用能力に関するもの
⑤ Ⅱ選択科目-③:
選択した技術部門に対応する「選択科目」についての問題解決能力及び課題遂行能力に関するもの

■選択科目の技術部門
① 機械
② 船舶・海洋
③ 航空・宇宙
④ 電気・電子
⑤ 化学
⑥ 繊維
⑦ 金属
⑧ 資源工学
⑨ 建設
⑩ 上下水道
⑪ 衛生工学
⑫ 農業
⑬ 森林
⑭ 水産
⑮ 経営工学
⑯ 情報工学
⑰ 応用理学
⑱ 生物工学
⑲ 環境
⑳ 原子力・放射線部門
二次試験の科目についてはHPをご覧ください。

●口頭試験・・・・技術士としての適格性と高等の専門的応用能力など

合格基準

□一次試験
基礎科目:50%以上の得点率
専門科目:50%以上の得点率
適正科目:50%以上の得点率

□二次試験
総合技術監理部門を除く技術部門
必須科目(技術部門全般にわたる専門知識):60%以上の得点率
選択科目(選択科目に関する専門知識・応用能力):60%以上の得点率
選択科目(選択科目に関する課題解決能力):60%以上の得点率

総合技術監理部門
必須科目(総合技術監理部門に関する課題解決・応用能力):60%以上の得点率
選択科目:(技術部門全般にわたる専門知識)60%以上の得点率
選択科目:(選択科目に関する専門知識・応用能力)60%以上の得点率
選択科目:(選択科目に関する課題解決能力)60%以上の得点率

□口頭試験
総合技術監理部門を除く技術部門
技術的体験を中心とする経歴の内容及び応用能力:60%以上の得点率
技術者倫理:60%以上の得点率
技術士制度の認識その他:60%以上の得点率

総合技術監理部門(必須科目)
体系的専門知識:60%以上の得点率
経歴及び応用能力:60%以上の得点率

総合技術監理部門(選択科目)
技術的体験を中心とする経歴の内容及び応用能力:60%以上の得点率
技術者倫理:60%以上の得点率
経歴及び応用能力:60%以上の得点率

解答速報

https://www.engineer.or.jp/c_categories/index02012.html

ネットの声パート1

技術士一次試験も終わったし、今日は美味しいもの食べよう。

技術士試験終わりました。
…自身ないなぁ

技術士一次試験終わりました
微妙な出来です

 

 

 

 

ネットの声パート2

会社から受けろと言われたので技術士一次試験受けてた
こんな簡単な試験のために休日が潰れるの、なんだかなぁ

そろそろ来年度の技術士試験の勉強を始めます。そして趣味の旅行ができないと効率が落ちるので、代わりの趣味を始めます。趣味に必要なものは(ボーナスと年末調整のリターンを基に)購入した。

消防・防災系職業・資格には

・消防官(消防士)
・東京消防庁消防官
・消防設備士
・消防設備点検資格者
・防災士
・自衛消防技術試験
・防災管理点検資格者
・防火対象物点検資格者

などがあります。