文春砲

【文春砲】日本ハム元球団代表「新庄剛志は現役時代に尿検査で覚醒剤成分が検出された」

今季から北海道日本ハムファイターズの監督をつとめる新庄剛志氏(50)が2006年にドーピング(薬物使用)検査の結果、陽性反応が出ていたことが、ジャーナリスト鷲田康氏と『文藝春秋』の取材で明らかとなりました。

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

とんでもないスクープです
日本ハムはこんな問題のある人物を監督として使い続けるつもりか?解任しろ!

ガチならやーばいでしょ ガセでも名誉毀損で終わりだけど

とんでもねぇなぁ。
普通ならコンプライアンスで弾かれると思うんだけど監督就任してるってことは関係ないんだろうな。
球界の常識は世間の非常識。
こんなの持ち上げて応援している連中何なんだろう🙄
気持ち悪い。

 

 

 

 

ネットの声パート2

記事読みましたが…
医師の指示の元処方できて、犯罪ではないのですよね?
正しく使用していたか記事からははわかりませんけど。
せっかく盛り上げてくれた方なので…
また、北海道寒くなるのかなー北広島球場ガラガラになるのかなぁ嫌だな。事実よりほんとそこだけ気になる。

事実ならば、かなりまずいと思うが…

そうか、そうなのか、、
あの引退発表劇の裏にそんなことが…